• 2017-04-09

平成28年度 国立登山研修所友の会 報告

日時:2016年10月30日(日)11:00〜18:30
場所:大阪府社会福祉会館
 
【総会(出席者18名)】
11:00〜11:30
友の会会長より、近年の山をとりまく社会的動向、また、来年50周年を迎える登山研修所をサポートしていきたい旨の挨拶があった。
 
来賓である宮崎所長より活動への感謝、ひきつづき50周年に向けての協力をお願いしたい旨の挨拶があった。
 
以降は、議長に尾形副会長を選出し、27年度事業報告や28年度の事業計画・予算案等が審議され、原案通り承認された。
 
閉会にあたっては、渡邉会長より今後とも友の会を広く登山界にアピールし、登山研修所の応援団としての活動と会員間の親睦を広めて行くため、ご協力いただきたいとのお願いがあった。
 
(会員の皆様には、後日、詳細な総会議事録をお送りします。)
 
【研究会(参加者83名)】
 
講演「ビッグマウンテンスキーとクライミングの融合」
山岳ガイド 佐々木大輔
13:00〜14:30
 
<プロフィール>
1977年札幌生まれ
3歳よりスキーをはじめる
小学校高学年で植村直己「青春を山に賭けて」に憧れて冒険に憧れを持つ
17歳アイランドピーク登頂
19歳マナスル7400mよりスキー滑降 その後ガイドの宮下隆岳氏に師事
20歳ジャパンエクストリームスキー大会優勝 同世界大会8位
21歳JESCにて優勝、世界大会出場
22歳ノースアメリカエクストリームスキー大会7位
23歳マッキンリー山頂よりスキー滑降
25歳レッドブルスノースリルオブアラスカ3位
28歳ビッグマウンテンスキーワールドツアーフランス大会2位
29歳フランス・クーシュベル・ライドウィーク優勝、利尻岳西壁初滑降
30歳利尻岳南稜〜東壁 初滑降
32歳3シーズンをかけた主演フィルム”End of the line”発表
   南極セール・ロンダーネ山地で野外調査サポート
36歳利尻岳東北稜〜オチウシナイ沢厳冬期滑降(NHK放送)
37歳国際山岳ガイド協会より国際山岳ガイド認定
 
生い立ちから登山との出会い、エクストリームスキーや仲間との遠征、ガイドの仕事を通じ経験を重ねる中で学んでこられたことについて、スライドや動画とともにお話をいただいた。
 
 
講演「漂泊〜西表島とガダルカナル島の沢登り」
アルパインクライマー 宮城公博
14:40〜16:00
 
<プロフィール>
ヒマラヤカラコルムでのアルパインクライミングや、南国ジャングルでの沢登りに至るまで「初挑戦」にこだわり続け、国内外で数々の初登攀記録をもつ。2009年、ヒマラヤ・キャジョリ峰北西壁へ単独初挑戦。2013年立山称名滝冬季初登、台湾チャーカンシー初遡行、カラコルムK6西峰北西壁挑戦。2014年立山ハンノキ滝冬季初登攀、タイ46日間ジャングル初遡行、2015年黒部横断劔沢大滝左ゴールデンピラー登攀。
 
 
現在関心のある漂泊登山を中心に、ガダルカナル島などでの沢の旅など最近の登山についてスライドを交えてお話をいただいた。
 
(会員の皆様には、後日、研究会の講演内容を総会議事録と一緒にお送りします。)
 
研究会後、16301830まで興隆園にて講師を囲み懇親会のち解散。
 
以上