• 2017-03-30

登山医学

登山の医学とは-1
 VOL.2・・・・・・・・水越英隆
私の「高所肺水腫」とそれにかかわること
 VOL.3・・・・・・・・松永敏郎 
富士山登山と山頂短期滞在中の安静および運動時生理的応答
 VOL.3・・・・・・・・浅野勝己
高所キャンプでの夜間の無呼吸発作:心配は無用か
 VOL.3・・・・・・・・増山茂
登山の医学とは-Ⅱ
 VOL.3・・・・・・・・水越英隆
三国友好登山隊員にみられた高所網膜出血例について
 VOL.5・・・・・・・・鈴木尚
雲の平で発生した急性呼吸不全の一例
 VOL.5・・・・・・・・中西拓郎
栃木県高体連中国崑崙ムーシュー・ムズターグ峰 登山隊員への高所順応トレーニングの経緯と成果をめぐって
 VOL.7・・・・・・・・浅野勝己
高所登山と心拍数・血圧の変化
 VOL.7・・・・・・・・堀井昌子
高所登山における酸素補給の意義について
 VOL.7・・・・・・・・中島道郎
高山病に関する国際的合意について
 VOL.7・・・・・・・・中島道郎
高山・高地とパルスオキシメーター
 VOL.7・・・・・・・・増山茂
高所登山における問題点と対策
 VOL.8・・・・・・・・浅野勝己
高所医学と生体酸素化の測定「戦後の歩み」
 VOL.8・・・・・・・・増山茂
高峰登山の実践と高所トレーニングの経緯と成果をめぐって
 VOL.8・・・・・・・・渡邉雄二
転滑落者の応急処置
 VOL.9・・・・・・・・金田正樹
低体温症及び凍傷とその対策
 VOL.9・・・・・・・・金田正樹
高所順応トレーニングと登山活動および脱順応過程の有気的作業能に及ぼす影響
 VOL.9・・・・・・・・浅野勝己
パミールにおける登山活動(1992)の実際と生理的応答について
 VOL.9・・・・・・・・渡邉雄二
冬山登山における生体負荷度
 VOL.9・・・・・・・・浅野勝己
肺水腫の予防と対策
 VOL.10・・・・・・・・小泉知展・小林俊夫
低体温症とその治療
 VOL.11・・・・・・・・金田正樹
高所での経費的動脈血酸素飽和度測定の経験
 VOL.11・・・・・・・・鈴木尚・角家暁・熊野宏一・鈴木漠・柳澤昭夫・藤原洋
ニンシンカンサ峰登頂への高山病予防の為の高所順応トレーニングおよび登山中・後の生理的応答に関する高所生理学研究
 VOL.11・・・・・・・・浅野勝己
1994年日本バギラティ峰での観察された努力息堪え時間(VBHT)について
 VOL.11・・・・・・・・中島道郎・柳澤昭夫
登山トレーニングの観点からフィンランドの平圧-低酸素トレーニング施設”アルプスルーム”の可能性を探る
 VOL.11・・・・・・・・青木純一郎
高所登山に必要な体力とそのトレーニング方法特に最大酸素摂取量以外の能力に関して
 VOL.11・・・・・・・・山本正嘉
低圧室を利用したトレーニング
 VOL.11・・・・・・・・渡邉雄二
高所登山のトレーニング
 VOL.11・・・・・・・・遠藤由加
高地トレーニングを考える
 VOL.11・・・・・・・・柳澤昭夫
低酸素環境下での腹式呼吸の効果に関する研究
 VOL.13・・・・・・・・山本正嘉
高所での経皮的動脈酸素血酸素飽和度の経験(3)
 VOL.13・・・・・・・・鈴木尚・鮴谷佳和・安田幸雄・熊野宏一・柳澤昭夫・渡邉雄二・藤原洋
山岳事故対策ーケガとその対策
 VOL.13・・・・・・・・金田正樹
「第3回登山と高所環境に関する国際医学会議」報告
 VOL.14・・・・・・・・増山茂
ムスターグ・アタ峰登山における高所順応トレーニングの成果
 VOL.15・・・・・・・・浅野勝己・岡崎和伸
低酸素室滞在による高所順化トレーニングとその効果
 VOL.15・・・・・・・・増山茂
登山前の常圧低酸素室での睡眠が高所順応に及ぼす効果について
 VOL.15・・・・・・・・大村靖夫・山本正嘉・渡邉雄二・柳澤昭夫
高峰登山の運動生理 これまでのあゆみと今後のの課題
 VOL.15・・・・・・・・浅野勝己
第19回日本登山医学シンポジウムを開催して
 VOL.15・・・・・・・・北野喜行
日本登山医学研究会より (お誘い)
 VOL.15・・・・・・・・中島道朗
登山の運動生理学・体力科学に関する研究 1998-1999年度 文部省登山研修所大学山岳部リーダー研修会における調査研究報告
 VOL.15・・・・・・・・山本正嘉・大村靖夫・柳澤昭夫・渡邉雄二
文部省登山研修所「低酸素室」使用経験  急性高山病の予防になり得るか
 VOL.15・・・・・・・・鈴木尚・越野慶隆・熊野宏一・柳澤昭夫・渡邉雄二・森田正人
挫滅症候群,頚株損傷への対応
 VOL.16・・・・・・・・金田正樹
登山とヘリコプター救急医療
 VOL.16・・・・・・・・岡田眞人

高所へのトレーニング~新たな試みと今後の課題について

 VOL.18・・・・・・恩田真砂美

高所登山で起こる脳静脈洞血栓症 ガッシャーブルムI峰登頂後に発症した一例

 VOL.18・・・・・・斎藤繁・田中壮吉

凍傷とその対策
 VOL.19・・・・・・・・金田正樹
立山登山が呼吸・循環機能や脚筋力・パワーに与える影響
 VOL.19・・・・・・・・山地啓司・仲健一・橋爪和夫・堀田朋基・布村忠弘・北川鉄人
高所登山と低酸素トレーニング 新しく開発された常圧低酸素室の有効性
 VOL.20・・・・・・・・山本正嘉
踏み台昇降運動中の生理的応答からみた登山中の至適な運動
 VOL.20・・・・・・山地啓司・大西由朗・仲村建一、北川鉄人
中高年登山者の体力の弱点,トレーニングの盲点,その解決策 -とくに転倒事故防止の観点から
 VOL.21・・・・・・・山本正嘉
登山中の突然死 -その実態と予防-
 VOL.21・・・・・・・・・野口いづみ
クライミングに伴う関節障害 一現状とケアー
 VOL.21・・・・・・・・大森薫雄
救助現場における外傷処置
 VOL.22・・・・・・・・・・畑中宏紀
JSMM登山者検診ネットワークの構築とその試験的運用
 VOL.23・・・・・・・・堀井昌子
凍傷による手足の指の切断とクライミング能力
 VOL.23・・・・・・・・・・山野井泰史
日本における国際山岳認定山岳医制度の誕生
 VOL.26・・・・・増山茂
山でのファーストエイド
 VOL.27・・・・・大城和恵
Wilderness First Aidの意義とその可能性
 VOL.28・・・・豊田啓彰
Non-Caucasianと高所一進化医学的所見を中心に
 VOL.28・・・・松林公蔵
現代の大学生登山部員および優秀な社会人登山家の体力特性
 VOL.28・・・宮崎喜美乃・山本正嘉
登山におけるエネルギーと水分補給の指針
 VOL.28・・・・山本正嘉
山での登高能力による中高年登山者の体力評価-「六甲タイムトライアル」の試み
 VOL.28・・・・三輪文一
高所アルパインクライミングにおける食料、水分補給の計画の仕方
 VOL.29・・・・長門敬明
三浦雄一郎氏の80歳でのエベレスト登頂を支えた体力とそのトレーニング方法
 VOL.29・・・・安藤真由子 
雪崩埋没者の蘇生ガイドライン最新情報
 VOL.29・・・・大城和恵
低体温症についての新しい知見
 VOL.29・・・・金田正樹
御嶽山噴火救助活動の聞き取り調査から
 VOL.30・・・・大城和恵 他
「山の日」制定と山岳診療所-過去、現在、未来
 VOL.30・・・・臼杵尚志
「山岳医」として安全登山普及への取り組みと提言
 VOL.30・・・・大城和恵