• 2017-03-30

VOL.06   1991年  平成2年度

「双六山楽共和国」の楽習登山教室・・・・・・小野木三郎
'90夏 モンブランで考ええたこと・・・・・・村井葵
文明麻痺・・・・・・岩崎正
自然の美しさと大切さに早く目覚めてほしい・・・・・・中村祈美男
砂雪・泳ぎ雪・霜ざらめ・・・・・・新田隆三
登山のチーム・・・・・・柳澤昭夫
女性と体調・・・・・・関ふ佐子
ワイドクラックの技術・・・・・・中嶋岳志
実年(中高年)登山者の指導者養成への提言・・・・・・小倉薫子
中高年の海外登山行・・・・・・田山勝
高所登山における高齢者の動向・・・・・・今井通子・磯野剛太・小林研
テイクイン・テイクアウト・・・・・・山森欣一
アルゼンチン中部アンデスの山・・・・・・川上隆
調査研究事業報告
スキーのコブ越え動作の習熟過程に関する筋電図学的研究
・・・堀田朋基・北村潔和・福田明夫・西川友之・柳澤昭夫・青木俊輔・藤田茂幸
編集後記・・・・・・柳澤昭夫

VOL.07  1992年  平成3年度

1.技術研究「確保について」
  1)技術指導について考えること・・・・・・・ 松永敏郎
  2)スタンディングアックスビレイと問題点・・・・・・・ 松本憲親
  3)岩登りにおける確保と問題点・・・・・・・ 山本一夫
  4)張り込み救助時に発生する張力の計算・・・・・・・・松本憲親
  5)ワイヤー引張試験結果・・・・・・・ 町田幸男
2.海外登山の実践と今後の課題
  1)シッキムの踏まわれざる頂
「カンチェンジュンガ北東支稜の記録」・・・・・・・・・尾形好雄
  2)ナムチャバルワ峰日本中国合同登山
「地球に残された最高の未踏峰」・・・・・・・・・・・・重廣恒夫
  3)東京農業大学ブロードピーク登山1991・・・・・・・・・佐藤正倫
  4)遠征隊の倫理観と国際交流について・・・・・・・・・大貫敏史
3.スポーツクライミング
  1)国民体育大会山岳競技を考える・・・・・・・・・田村宣紀
  2)高等学校山岳部活動のあり方と全国高等学校登山大会及び国民体育大会山岳競技・・石澤好文
4.登山と組織
  1)登山と組織論・・・・・・・・・森下健七郎
  2)高校山岳部のあり方を求めて「栃木県高校山岳部員の意識調査から」・・・・・桑野正光
  3)よりよい高校山岳部のあり方を求めて「県内山岳部顧問の意識と実態調査から」・・・・・桑野正光
  4)登山の目的に関する研究
・・・・・・・・・浦井孝夫・柳澤昭夫・宮崎豊・青柳領
5.高所医学・運動生理
  1)栃木県高体連中国崑崙ムーシュー・ムズターグ峰
登山隊員への高所順応トレーニングの経緯と成果をめぐって・・・浅野勝己
  2)  高所登山と心拍数・血圧の変化・・・・・・・・・堀井昌子
  3)高所登山における酸素補給の意義について・・・・・・・・・中島道郎
  4)高山病に関する国際的合意について・・・・・・・・・中島道郎
  5)高山・高地とパルスオキシメーター・・・・・・・・・増山茂
登山研修所友の会研究会報告1991・・・・・・・・・山本宗彦

VOL.08   1993年 平成4年度

1.高所登山の実践と今後の課題
  1)  冬季サガルマータ南西壁登攀・・・・・・・・・尾形好雄
  2)1992年日本・中国ナムチャバルワ合同登山・・・・・・・・・重廣恒夫
  3)ダウラギリⅠ峰登頂・・・・・・・・・小野寺斉
  4)高所登山の展望・・・・・・・・・大宮求
2・指導者と研修
  1)日本山岳協会と指導者養成
「社会体育指導者養成を中心に」・・・・・・・・・小野寺斉
  2)プロガイドと技術研修・・・・・・・・・織田博志
  3)遭難救助指導者と技術研修・・・・・・・・・谷口凱夫
3・スポーツクライミング
  1)競技登山・・・・・・・・・田村宣紀
  2)スポーツクライミング・コンペティッションワールドカップの歴史とこれからの展望・・・・・・・・・大宮求
4・登山用具研究
  1)アルペン理論に於ける物理的単位新国際単位系(SI)・・・・・・・・・鈴木恵滋
  2)アバランチビーコンと雪崩対策・・・・・・・・・北田啓郎
5.高所医学・運動整理
  1)高所登山における問題点と対策・・・・・・・・・浅野勝己
  2)高所医学と生体酸素化の測定「戦後の歩み」・・・・・・・・・増山茂
  3)高峰登山の実践と高所トレーニングの経緯と成果をめぐって・・・・・・・・・渡邉雄二
登山研修所友の会研究会報告1992・・・・・・・・・山本宗彦
 

VOL.09 1994年 平成5年

1・高所登山の実践と課題
  1)より困難な登山を目指して・・・・・・・・・小西政継
  2)登山における困難とは何か・・・・・・・・・和田城志
2・技術研究「危急時と雪崩対策」について
  1)危急時対策・・・・・・・・・柳澤昭夫
  2)転滑落者の応急処置・・・・・・・・・金田正樹
  3)低体温症及び凍傷とその対策・・・・・・・・・金田正樹
  4)高峰登山におけるビバークの実際・・・・・・・・・重廣恒夫
  5)危急時対策用装備・・・・・・・・・山本一夫
  6)雪崩と雪崩に遭遇しないための判断・・・・・・・・・川田邦夫
  7)雪崩事故の危急時対策と捜索要領・・・・・・・・・谷口凱夫
  8)雪崩埋没者掘出後の応急処置・・・・・・・・・金田正樹
  9)雪崩対策用具・・・・・・・・・山本一夫
3・登山と運動生理
  1)高所順応トレーニングと登山活動および脱順応過程の有気的作業能に及ぼす影響・浅野勝己
  2)パミールにおける登山活動(1992)の実際と生理的応答について・・・・・・渡邉雄二
  3)冬山登山における生体負荷度・・・・・・浅野勝己
4・登山愛好者の特性と実態
・・・・・・・・・鶴山博之・畑攻・浦井孝夫・柳澤昭夫・宮崎豊
5・登山研修所友の会研究会報告1993・・・・・・・・山本宗彦

VOL.10  1995年 平成6年

1・登山記録
  1)エベレスト・サウスピラーの登頂・・・・・・・・・本郷三好
  2)富山県山岳連盟「'94ガッシャーブルムⅠ峰(8068m)遠征隊・・・・・・・・・佐伯尚幸
  3)バギラティ2峰南西壁・・・・・・・・・織田博志
2・肺水腫の予防と対策・・・・・・・・・小泉知展・小林俊夫
3・登山と体力
  1)耐久力・行動力・・・・・・・・・馬目弘仁
  2)登山の体力・・・・・・・・・鈴木清彦
  3)高所登山と体力・・・・・・・・・尾形好雄
  4)高峰登山とトレーニング・・・・・・・・・浅野勝己
4・遭難救助技術
  1)登山者側の遭難救助技術・・・・・・・・・松本憲親
  2)レスキュー隊の遭難救助技術・・・・・・・・・西山年秋
  3)安座式特殊吊り上げ救助ベルトについて・・・・・・・・・金山康成
  4)ヨーロッパにおける山岳遭難救助活動・・・・・・・・・高瀬洋
5・研究論文
  1)冬季サガルマータ南西壁の攻略・・・・・・・・・尾形好雄
  2)人口壁とその強さ・・・・・・・・・鈴木恵滋
  3)登山の目的とそのパターン分類に関する研究
・・・・・・・鶴山博之・畑攻・浦井孝夫・柳澤昭夫・宮崎豊・鈴木漠
6・登山研修バックナンバー

VOL.01 へ
VOL.11 へ